好きな表現者に求めること

0
    COYOTE(初回限定盤)(DVD付)
    COYOTE(初回限定盤)(DVD付)
    佐野元春
    6月13日にリリースされる佐野元春のニューアルバム『COYOTE』。
    コヨーテですよコヨーテ。どうですか、これ。

    どうですかって言われても困るだろうけどねえ。
    ウルフでもない、タイガーでもない、ましてやハイエナでもない。
    コヨーテ。なかなか日本語でROCKしようって時に選ばないでしょ、この単語。
    この辺の思考(嗜好)が好きなんだなあ、オレはこの人。
    まあ、何故コヨーテなのかっていうのはここ行ってみてください(丸投げ)。
    リーダーとも話したんだけど、このアルバムが出るっていうニュースを知っても
    「ひゃっほーーい!」っていうモードにならないんだ。っていうのは3年前に出た
    前のアルバム(3年も前なんだ、あれ...)『THE SUN』の内容がうちらには合ってて
    まだまだあのアルバムの余韻で充分過ごせる気分だから。
    消化不良だの粒が小さいだの言う声もあるアルバムだけど、オレはあれにオレの現状に対する光を見てるんだ。
    足早に過ぎていく時の流れに身を焦がして
    絶え間ないビートの隙間に滑り込み目を凝らして
    我が道を往け

    その『THE SUN』に収録された「恵みの雨」っていう曲の
    最初のフレーズなんだけど、ハッとさせられたもの。
    社会のスピードに合わせないと生きていけない会社員として
    流されに逆らうんじゃなくて、こう、
    流れの中をドリブルで縫って行くような、
    クリスチアーノ・ロナウドな感じで周りを見据えながら
    生きていきなよ、生きていけばいいじゃん、泣いてみりゃいいじゃん
    っていうメッセージを勝手に受け取ったんだ。
    メッセージっていうかヒントだな。その他にも釈迦でいうところの
    中道的な風景を勝手に描く曲が多いんだ。
    今の主流の流行音楽のテーマは苦行か快楽かに偏ってる気がするんだ、個人的には。
    オレはあくまで中道がいい。中道ROCKがこれからのオレのテーマだな。
    ボブ・ディランの最新作『MODERN TIMES』も中道。

    自分の好みってなんだろう?って最近なんかよく考えてて。
    なんか佐野元春の音楽が好き、デヴィッド・ボウイの音楽が、ストーンズが、
    っていう「音楽が」好きなんじゃなくて
    例えば佐野さんなら佐野さんの曲のコトバ、音、想像する空気を読んで
    「なるほど、今この人はこういうのがキテるんだな。この時はこれがキテたんだな。」って
    感じるのが好きなのかもしれないって。その人にキテるもの・ことを自分の篩いにかけてるような気がする。その人のマイブーム(過去のブームも含めて)が知りたいだけなのかもしれない。
    好きな人のマイブームを知り、自分のアンテナに引っかかるものがあればそれを
    キャッチして自分の中で育てて飽きたらリリース。その繰り返しのような気がする。

    コヨーテかあ...、佐野元春っていう人はひょっとしたら日本のロックスターであり随一のマイブーマーなのかもしれない。

    【追記】
    その『COYOTE』の収録曲名のリストの中に「ラジオ・デイズ」ってのがあってなんか笑った。
    レイディオじゃないんだ、今「ラジオ」がキテるんだあ...って。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.30 Tuesday
      • -
      • 00:53
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      じぶんで云うのもナンですが、元来、ぼくは保守的な思考や嗜好をするタイプで、たとえばネットに関しても、脈絡ある行動様式の元、統制された言動を試みるまでに、なんだかんだと10年以上もの歳月を、平気で費やしたりするような屁垂れです。

      それくらい、インターナショナル・マナーというものは、危険も誘惑もチンコ盛りなスキルだと思う。そこで、斜に構えたアウトローを気取るという行為は、さらに危険も誘惑もテング盛りなスタイルだと思う。我が道を往き、「コヨーテ」と呼ばれる新作の架空の「ヒーロー / ヒロイン」になるのも、股、爾り。

      中道や中庸という概念については、一見、ポップだけど、そのスタンスはロックンロールを単なる形式として飼い慣らしてしまうくらい、恒久的で普遍的なものであり、そのレトリックに想像力や創造性が及ぶならば、前作でぼくらが甘受した「物語」が、いかにトリックに溢れていたかが観えてくる、と思う。


      • 婆娑羅
      • 2007/05/04 2:56 PM
      なるほど。。僕も手放しでヒャッホーとはならなかった1人です(笑
      そして、そんなに待たされた感もなかった1人です。
      ただ新作はいいですよね。いつの時も。できればそう長くはない、これから生み出される枚数(星下路上のライヴでちょっと泣きそうになるぐらい辛かった経緯も相まって。。)というのを考えると年1欲しいなぁというのも条理といいますか。ただの我侭なタカ派のファンなんでしょうけれど。。純粋なファンサイトでこういうの書くと殺されそうですけど(笑

      今、僕は井上陽水氏にきてます。元気だし、声出てるし。たぶん元?義理の兄弟同士の陽水氏と元春さん、ドッチも行けぇーって感じですね。
      そして清志郎氏もたぶん復帰する、もっと行けぇぇぇオッサン等みたいな。

      もう1つ、聴き直しているのがあります、今さらながらビートルズ。何なのか、そして何だったのか。。いや褪せてないんですね。改めて聴くと。そして隠れた名曲ありますね、まだまだ。なのでベストではなく1枚ずつ聴き直しています。
      長々と失礼しました。

      いつか呑みながらたかしさんとお話できる日を楽しみに。。
      でわ、また。
      • かつのり
      • 2007/05/05 12:44 AM
      俺は、ね。「純粋なファンサイトでこういうの書くと殺されそう」なことは、たかしさんのサイトでも書いて欲しくないです(涙)。
      • 婆娑羅
      • 2007/05/06 3:33 AM
      「THE SUN」の時は「地図にない旅」で制作進捗状況が知らされてたけど、
      今回はレコーディングしてるとかあんまり情報ないままだったので、
      余計に‘えっ、いつの間に?’感が強いですよね。
      私も「SUN」は大好きなアルバムです。サークル、フルーツとベスト3に入ります。
      ただHKB大好きというわけでない(ハートランド大好きでもないです)ので、別メンバーという点で新作に期待してます。
      レイディオじゃなくてラジオ。面白いですね。「THE SUN雑談」で「昔なら我が道を行けじゃなくゴーイングマイウェイだった」とかも愉快でした。「COYOTE雑談」も
      ひそかに希望してます、なんて。
      • ジャイアントプードル
      • 2007/05/06 9:45 PM
      あ、失礼しました! 雑談って・・・。
      「粗供養届きました」みたいになっちゃて すみませぬ。
      • ジャイアントプードル
      • 2007/05/06 11:04 PM
      婆娑羅さま
      失礼しました。訂正してお詫びいたします。
      • かつのり
      • 2007/05/06 11:13 PM
      >婆娑羅さん
      中道は確かにポピュラリティーの大きな概念だと思われます。
      あとポップソングは基本「物語」であるからこそトリックがありますね。
      ...すいません、婆娑羅さんの言わんとするところがまだあまり出来ていませんで
      的外れなことしか言えません(謝)。しばしお時間を。

      >たかしさんのサイトでも書いて欲しくないです(涙)。

      オレのブログに何を期待しておられるんでしょうか?
      • たかし
      • 2007/05/06 11:18 PM
      ロックンロール♪
      • 婆娑羅
      • 2007/05/06 11:54 PM
      >かつのりさん
      陽水さんはオレも大好きです。楽曲もキャラクターも常にブッ飛んでて。
      あの人昔「ボブ・ディランを自宅に招いて一緒に麻婆豆腐を喰う」っていう計画を
      本気で企ててたそうで(笑)。

      ホントいつか一緒に呑みたいです。っつか酒が入んないとオレ喋れませんから
      人見知りなもんで。
      • たかし
      • 2007/05/07 12:41 AM
      >ジャイアントプードルさん
      「THE CIRCLE」と「THE SUN」とはなんか対になってる気がします。
      「曲そのもののパワー」と「バンドサウンドのパワー」っていうか。
      オレもHKB大好きというわけでない(ハートランド大好きでもないです)ので(笑)ってわけでもないんだけど、スガシカオさんが『ナポレオンフィッシュ』を思い出したらしいからちょっと期待しちゃうな(笑)。

      雑談は、あれ文字起こしが大変らしいから(ひとごとか!)リーダーは多分やらないと思う(笑)。やるとしたらオレがここでやらされると思う。
      ゴーイングマイウェイ...あそこで数少ないオレのセリフに反応してくれてありがとうございます(笑)。

      • たかし
      • 2007/05/07 12:56 AM
      > 婆娑羅さんへ
      前のコメントの訂正を
      (誤)
      婆娑羅さんの言わんとするところがまだあまり出来ていませんで
      (正)
      婆娑羅さんの言わんとするところがまだあまり理解出来ていませんで

      単語ひとつ抜けるだけで意味変わってきちゃいますよね。
      大変失礼いたしました。
      • たかし
      • 2007/05/07 1:43 AM
      いえ、いえぃ! あまりかわりないと思いますよ。
      わかると同時にかわる。それがロックンロール♪
      ちょっとゴーイングマイウェイ。失礼いたしました。
      • 婆娑羅
      • 2007/05/14 9:43 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ここ最近明確に意識した自分の傾向。 これはいつかもっと深く書いてみれたら、…と思っているけれど。 わたしの友人知人、特にネット繋がりの友人知人には、 音楽繋がりの(ex. 佐野元春、ヒートウェイヴ、GROOVERSなどなど…) 人たちがとっても多い。 よくその人た
      • Diary? on fool's boat
      • 2007/05/05 11:23 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      なんでも訊いてみたまえ

      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • Blowin' in the wind...
        たかし
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        つるたか
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        レイン
      • 全身青春男
        つるたか
      • 全身青春男
        呉エイジ
      • 隠密プレイ
        つるたか
      • 隠密プレイ
        呉エイジ
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        つるたか
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        呉エイジ
      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
        つるたか

      recent trackback

      recommend

      世界の名自転車100
      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
      ザヒド・サルダール
      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

      recommend

      大脱出 [DVD]
      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

      recommend

      The Next Day
      The Next Day (JUGEMレビュー »)
      David Bowie
      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

      recommend

      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
      みうらじゅん,宮藤 官九郎
      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:715 最後に更新した日:2017/05/30

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM