好きなものは仕方がない(脂サイド)

0

    本題に入る前に、これびっくりしたんですよ。
    ええぇっ!現役引退して官能小説家デビュー!?杉本彩だってその前にSM映画出演とヘアヌード写真集っていうステップ踏んでるのにアンタいきなりここかい!
    と思ったら同姓同名の別人だった。ちっ!...いやいやいや、ホッ。
    ちょっとこれ、前の記事で言い忘れてたんで今回「枕」として言っときました。
    で本題に入って、まずオレは問いますよ。

    だらしないカラダのお姉さんは好きですか?

    これオレ好きなんですよねえ。言ってみれば「ちょいダラ」(もはやダサイな、この表現)
    あんまりだらしなすぎて森三中みたいになっちゃってるのはアウトですけど。
    オレ前の記事で「アスリート感と現役感」が重要って言ってましたけど、
    「引退後感」もそれはそれで十分アリですね。
    緊張感たっぷりの現役生活から解放されて好きなだけ美味しいものもがっつり食べちゃおうかしらん、恋愛のひとつも楽しんじゃおうかしらんっていう色気が脂となって、
    締まった筋肉の上にいい感じに乗っかってるサマが艶っぽく見えるんですよ、オレには。
    これを我々医学用語で「脂肪遊戯」と呼びます(ケーシー高峰)。
    引退して逆に筋肉が落ちて、ダイエットなんかしちゃって脂もつけないような、オレなんかからすると「なんてもったいないことを...」って思うような人も多いですけどね。
    益子直美さんとかね。まあ、もとが綺麗だからいいんですけど。
    あとちょいダラ感でいうと、割とベテランの女優さんなんかにもキテしまいます。
    かたせ梨乃さんとか。おっぱいも迫力ありますしねえ。
    そういえば、高校3年くらいだったかなあ、AV黎明期に松坂希実子っていたじゃないですか、ホルスタイン女優とか言われたでっかいおっぱいの。あれ当時のオレの仲間うちでも話題になって「是か非か」を熱く語り合った時がありました。圧倒的に非が多かったんですよ。結論として「単なるデブ」っていうことに落ち着いてオレも数の論理でそう言ってたんですが...すいません、嘘ついてました。大好きでした、当時から。就職してからも結構お世話になってました。女医モノとか女教師モノとか代議士妻モノとか。
    出るとこ出てて、締まるとこは締まってて...なんてよくいうじゃないですか、理想的な女体を指す表現として。いいんですよ、確かに。そういう身体してて素敵だなって思う人をいろんなメディアで見たりもします。でもそれ以上に、出るとこ出てて、締まるとこも出っぱなし、みたいな投げっぱなしジャーマンみたいな人の方がグッときますね、オレは。いずれにせよおっぱいは最重要ファクターに変わりはないんですが。あとは肩から二の腕にかけてのボリューム感も大事です。
    そういった意味ではオレは昔っからこの人が好きですね。

    グラビアでしか見なかった頃は、好きな身体だけどなんて気の強そうな目つきなんだ、目が合ったらビンタ喰らっちゃいそうだな、くらいの印象だったんですけど、バラエティーでの勘のよさ、歯切れのよさを見るにつけあの身体とのギャップでやられましたね。しかもこの人笑いとるためなら自分のおっぱい掴んだり揉んだりするでしょ、自分で。その勇気も素敵です。
    5年前の週刊プレイボーイをとっておくのモノにしてたりもします。
    あと何年前かなあ、衝撃的だったのがこの人

    青木裕子さん。今TBSかなんかの女子アナで同姓同名の人いるでしょ。まぎらわしいからやめてほしいんだけど。最近の女子アナブームでいろんな週刊誌の見出しでこの名前を目にするだんびに思わず手にとって中身見てがっかりしてしまうオレの身にもなってほしい。必ず上に「女子アナの」もしくは「元グラビアじゃない方の」って入れて欲しい。
    この人は身体の脂っぽさと唇の形がもろストライクだったんですよ。タレントとしていまいちパッとしなかったのはハードの性能の良さにソフトが追いつかなかったんでしょう。この辺が小池栄子さんとの違いでしょう。
    あと外人さんではこの人

    クリスティーナ・リッチさん。この人の場合は映画『バッファロー’66』と『スリーピー・ホロウ』限定ですが。当時「りっちゃん」と呼んでポーッとなってたもんです。
    特にバッファローの見た目ビッチなリッチさんの、実は男の内面を見事に見極める観音さまな母性と見事な観音体型は感動的でした。いまやガリガリッチなりっちゃんには申し訳ないけど用はありません。

    でね、最近オレが「チックショーーッ!」って思う女の子が2人ほどいまして。
    この人

    相澤仁美さん。ジュースのCMあったじゃないですか。高校生かなんかが川原で写真集拾って大騒ぎになってたらビキニ姿の本人が出てきて鼻血ブーッてやつ。あれで初めてその存在を知ったんですけど、かなり衝撃的でした。あの体型。そしてあの体型にはこの顔しかないだろうっていう、なんていうんだろ、生々しい顔。このハマリ具合がなんかキましたね、オレの中で。なんかスポーツやってそうだけど実は運動オンチっていうような顔じゃないですか?ソフトボールのユニフォームとか似合いそうな感じがします、なんとなく。

    あとこの人

    佐藤和沙さん。この人は前出の青木裕子さんと同じ理由でキテます。唇のカタチとあと目のカタチも好いたらしい感じです。
    何故「チックショー!」なのか。
    まずは愛する妻がいるオレを夢中にさせる彼女たちに対するチックショー。
    そして夢中になってしまうオレ自身に対するチックショーのダブル・ミーニングです。
    あと最近週刊誌ウォッチングをしていて気がついた点があります。
    これも以前から憎からず思っていた安めぐみさん。
    あのノホホンとしたところがシチュエーション次第でエロに転ずるところがこの人の一番美味しい召し上がり方なんだと気づいたんですよ。
    先週の週刊ポストに出てた篠山”爆破コント”紀信による温泉濡れ浴衣グラビアでの表情は、いつもテレビでみせるノホホンとした表情となんら変わりないんだけどグッときてしまう。身体つきもわりとボリューミーでしょ、この人。やられましたね。チックショー。

    やっぱり脂は大事っスよ。同じ脂でも2段、3段と層になったようなダブついた「ダブラ」はいけません。この辺の境目をちゃんと見極めることこそが日々の女体ウォッチングで一番大事です。
    これを我々医学用語で「アブラカダブラ」と呼びます(ケーシー高峰)。
    今回己のフェティシズムを肉サイド脂サイドの2方面から自己分析してみましたが、実はつい最近また違う方面から分析することができるのが解りました。
    また機会があればその事も言及してみましょう。
    いずれにせよ気持ち悪い感じになるとは思いますが。






    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.21 Thursday
      • -
      • 20:42
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      小池栄子ちゃん、私も大好き。
      ところで・・・、こちらのブログ、長男と一緒に拝見してまして、なんだか気まずい雰囲気になりました。
      これからは一人で覘かせていただきますね・・・。
      • きょん
      • 2007/07/23 11:21 PM
      いけませんいけません!!
      あんな可愛いともくんを
      こんな童貞こじらせおじさんの駄文で汚しちゃ!!!
      kayoちゃんにも怒られてしまいます。
      • たかし
      • 2007/07/24 1:51 AM
      根本はるみさんの最近のアウトっぷりは如何でしょうか?

      フェチのベクトルは違いますが、「ちょいダラ」、私も好きですねぇ・・。
      わかるなぁ・・実に。
      根本はるみさんの最近を知らないんですよねえ、まず(笑)。オレの憶えてるかぎりのあの人は、身体はストライクなんだけど顔の曲がり具合が尋常じゃないんでどうもいまひとつでしたね、オレの中では。

      ところで髑髏数珠!いいですねえ、水牛の角ってところがまた凄い。
      • たかし
      • 2007/07/27 12:50 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      IWAジャパン新宿FACE大会(22日・新宿FACE)で、女子バレーボール元日本代表で、タレントの益子直美(41)が超大物ルーキーとして仰天プロレス“デビュー”を果たした。益子はダンプ松本が率いる極悪同盟のセコンドとして、白いツナギに極悪メーク姿で登
      • 益子直美 プロレス“デビュー” 画像 動画 NEWS
      • 2007/07/24 1:01 AM
      杉本彩杉本 彩(すぎもとあや、本名:松山 基栄 まつやま きえ、1968年7月19日‐)は、京都府京都市出身のタレント及び女優、オフィス彩の代表取締役である。京都府立北稜高等学校卒業。血液型はAB型。悩ましいポーズを取るため、SEXシンボルの代表で
      • こころの日記
      • 2007/08/11 8:44 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      なんでも訊いてみたまえ

      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • Blowin' in the wind...
        たかし
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        つるたか
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        レイン
      • 全身青春男
        つるたか
      • 全身青春男
        呉エイジ
      • 隠密プレイ
        つるたか
      • 隠密プレイ
        呉エイジ
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        つるたか
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        呉エイジ
      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
        つるたか

      recent trackback

      recommend

      世界の名自転車100
      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
      ザヒド・サルダール
      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

      recommend

      大脱出 [DVD]
      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

      recommend

      The Next Day
      The Next Day (JUGEMレビュー »)
      David Bowie
      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

      recommend

      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
      みうらじゅん,宮藤 官九郎
      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:829 最後に更新した日:2017/09/21

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM