オレはそれを『ランボー/男はつらいよ』と呼ぶね

0

    観て来ましたよ。
    前評判通りの残虐描写に頭クラクラしっぱなし。
    スタローン自身はビルマ(ミャンマー)の現状を知ってもらう為に敢えてああいう表現をしたっていうけど、
    ジェノサイドに次ぐジェノサイドで血肉乱れ飛ぶサマを見続けるにはホントある程度の体力を要します。過去3作の比ではありません。例えば前作(といっても20年前だけど)『ランボー3』はスケールこそでかくて、主人公が本編中に殺した人数世界一でギネスブックに載っちゃうくらいのドンパチであっても対戦ヘリを機関銃で撃ち落すとか火薬付の弓矢で撃ち落すとか戦車で対戦ヘリに突っ込んでドカーンとか、映画映画したものであったのに対して今回は同じ機関銃でも生身の人間めがけて撃ちまくって脳味噌吹き飛ばしたり体の肉片を飛び散らせたりっていうスプラッターになってる。そして前作は固定の画面がほとんどだったけど、今回はハンディーっぽい動きの画で、しかも寄りでそのスプラッターを観せられるわけだから疲れるはずですよそりゃ。
    だからどうだったのかって聞かれたら、良かったっていうね。
    だってあのテーマが流れて今なお孤独に毒蛇捕まえて暮らしてるランボー見ちゃったらもう涙目ですよ。どんだけ引きずってんだよっていう。何度もしつこいくらい言うけどあの目がたまんないんですよ。
    今回ね、ビルマ(ミャンマー)の軍事政権に虐待を受ける少数民族に人道支援のボランティアに行くNGOに成り行きで道案内することになったランボーが、そのあと軍に捕まっちゃったそのNGOを救出する為に立ち上がるんだけど、結局は成り行きのきっかけを作ったNGOの女の人に惚れちゃったんですよ。パンフには「彼女のまっすぐな瞳に希望を見たランボーが云々」とか書いてたけど、要は惚れたんですよ。惚れた女が死にそうになってたらそりゃ助けに行くよ。だからランボーは至極真っ当なんですよ。惚れた女が豚小屋(文字通り)で縛られてるの見た日にゃそりゃぶち込んだクソ野郎の喉笛掻っ切りたくもなりますよ。それをやっちゃっただけのこと。何の疑問もありません。
    で、地獄絵図の果てになんとか救出に成功するんだけど、傷を負ったランボーが目の当たりにするのが、彼女が真っ先に同じNGOの婚約者の胸に飛び込んでいく姿ですよ。
    それを小高い丘の上から見つめるランボーの姿は、オレには車寅次郎に見えた。
    あ、こりゃ旅に出るな...と思ってたらあのラストシーンですよ。
    ランボーシリーズにそれほど思い入れのない人なら、あの惨劇の答えがこれかよ!っていうかもしれないけど、1作目を童貞期に劇場でみた男子なら泣くでしょ。
    「It's a long road」ホントに長かったなあ、ここに行き着くまでが...と感慨にふけったわけですよ。

    そして涙目になりながらグッズ売場に駆け込み劇中ランボーが手製で作り上げ、ある時は首を切り落としある時は腹を切り裂いたナイフを模したペーパーナイフを購入して帰って、2作目のランボーを今作バージョンにアレンジしたフィギュアに持たせてみました。


    うまい具合にはまったね。
    そして今作のその後のランボーの姿も想像して別のフィギュアにアレンジしてみました。

    題して
    『ランボー/最後の就活』
    いや、もちろん大好きなんですよ、敬愛してますよ、スタローン...。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.18 Friday
      • -
      • 02:02
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      たかしさん、こんにちは^^
      TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
      長い長い家路を辿るあのラストシーンは僕の観た映画の中でも印象に残るものでした。
      彼が長い孤独とジレンマから開放され、普通の安らかな生活に戻れることを想像し、ホッとしました。
      スタローン自身がランボー自身なのかもしれませんね^^
      • cyaz
      • 2008/06/30 8:45 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      □作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム
      • 京の昼寝〜♪
      • 2008/06/30 8:08 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      なんでも訊いてみたまえ

      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • Blowin' in the wind...
        たかし
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        つるたか
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        レイン
      • 全身青春男
        つるたか
      • 全身青春男
        呉エイジ
      • 隠密プレイ
        つるたか
      • 隠密プレイ
        呉エイジ
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        つるたか
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        呉エイジ
      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
        つるたか

      recent trackback

      recommend

      世界の名自転車100
      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
      ザヒド・サルダール
      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

      recommend

      大脱出 [DVD]
      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

      recommend

      The Next Day
      The Next Day (JUGEMレビュー »)
      David Bowie
      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

      recommend

      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
      みうらじゅん,宮藤 官九郎
      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:795 最後に更新した日:2017/08/18

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM