BTDTの風は中2から

0
    TS3Y01280001.jpg


    【人間の無垢な感情(イノセンス)は、決して成長と引換えに失ってしまうものではなく、大きな円環(サークル)のなかで受け継がれてゆくものなのだ。】
    こう語ったのは佐野元春。日本のロックンロールアルバムのある種の到達点といっていい『THE CIRCLE』リリース時、30代の彼がこのイノセンスの円環に気づいたように、40代に差し掛かった頃の僕はあることに気づいた...
    人間の無垢な感情(イノセンス)は、決して成長と引換えに失ってしまうものではなく、大きな円環(サークル)のなかで受け継がれてゆく
    ものなのだ

    【童貞とは、男が成長する際に捨て去らなければならないものではなく、イノセンスの円環とともに還ってくるものなんだ。まるでジャック・マイヨールがイルカと共に海へ還るように。】 
    僕はそれを3年前にこう名づけた。

    BTDT

    このことを書いた際、お叱りのコメントを匿名の方にいただいたが、3年以上経った今も、何を言いたかったのかがさっぱりわからない。「知った事を抜かす」「間違っているとは言わないが、正しくはない」...まずご自分の日本語力の未熟さに気づくべきだと思うが、このかたにもBTDTの予兆がこの時すでに来ていたのではないかとも分析できる。あそこで僕は断定ではなく、ひとつの提唱をしていたにすぎないことは、中学生程度の日本語の読解力をお持ちの方ならおわかりのこと。それを「決めつけるなよ!」と声高に叫んでしまうところも童貞っぽいではないか。痛くもない腹を探られることに必要以上に過敏なところも童貞の特徴のひとつ。あれから3年、近衛兵くんが素晴らしいBTDTライフを謳歌していることを切に願ってならない。 さて、かくいう僕もノリノリのBTDTライフをエンジョイしているが、ここへきてあるひとつの重要なキーワードに注目している。
    【中二の夏】
    最近感じるのだ、男の知的好奇心・探究心のカードはこの時までに出尽くしているのではないか、と。
    思えば、我が師父と慕うシルヴェスター・スタローンの『ロッキー』と、天上人と崇拝するデヴィッド・ボウイの『戦場のメリークリスマス』に出会ったのも中学の学校行事で見た上映会だった。今考えたら粋な学校だった。
    筋肉が逞しい、または肉付きの素晴らしいアスリートウーマンに惹かれてしまうのも中学の上級生部活女子の影響に他ならない。
    佐野元春だってストーンズだってRCサクセションだってYMOだってこの頃までに兄が植えつけてくれたものだ。たけしのオールナイトやコサキン、パイレーツやひばりくんに養ってもらったある種のセンス。
    例外があるとすればキョンキョンや知世ちゃんがキタのは中三過ぎたあたり。しかしこれも根っこにある昭和アイドルのバリエーションのひとつにすぎない(無理矢理)。
    健全な男子なら誰もが避けて通れるはずもないAVの洗礼だって、兄の勉強机から盗み見した雑誌『映画の友』(にっかつロマンポルノの情報誌)という予備知識があったからこそ。
    マカロニやジーパン、おさむにあきらに工藤ちゃん、ルパンに次元に五右ヱ門、本郷猛に一文字、【かっこいい】というものの概念の下地は小学生の頃に出来上がっていたし。高学年になるとブルース・リーやジャッキーが巻き起こした未曾有のカンフーブームにも当然飲まれたし、それが今に続くアクション映画嗜好に繋がっており、テレビの洋画劇場でイーストウッドやマックィーン、ポール・ニューマンやドロン、ブロンソンなどにもシビレ、今に続く吹き替え愛好家人生に繋がっている。
    こうして羅列すれば枚挙に暇がないが、そういうことなのだ。
    高校時代〜バブル前夜の浮かれ80年代後期から興味を持ち始めたもので長く続いたものなどなにひとつない。ファッションだってそうだ。僕などでもポパイやメンズノンノ的な時期はあった。丸井津田沼のスパークリングセールで買ったBIGIの開襟シャツを自慢げに着たセンター分け時代もあった。その頃の写真を見るのが30代くらいまでは死ぬほど恥ずかしかった。が、BTDTの今ではその写真を一周まわって死ぬほどおもしろく、そして愛おしく感じられる自分がいる。
    なぜならそこに写ったセンター分けの必死なあいつこそ神聖な真性の童貞だからだ。
    着飾ることが脱童貞の近道と信じて疑わなかったあの頃の自分。確かにその後行きがかりでそういう風にはなったが、そこで何か得たものはあったかい?失ったものの方が、見失ったことの方があまりにも多く大きかったことに気づくまでにも10年近くかかったんじゃないのかい?しかし安心しな、おまえはちゃんと取り返すぜ。だから早く元春の『BACK TO THE STREET』を聴くんだ(THE CIRCLEじゃないんだ、そこ)。

    -手遅れだぜ、わかってるけど 奪われた物は取り返さなければ-


    感情の麻痺していた僕をこのフレーズがどれだけ救ってくれたことか...。 この4月で31年生に進級する中学に精神的再入学するきっかけだった。 このブログを中学生男子が読んでいるとはどう考えても思えないが、周りにいたら教えてあげていただきたい。 中二の夏までに育てたものを大事にして生きて欲しい、と。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.30 Tuesday
      • -
      • 13:36
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      なんでも訊いてみたまえ

      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • Blowin' in the wind...
        たかし
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        つるたか
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        レイン
      • 全身青春男
        つるたか
      • 全身青春男
        呉エイジ
      • 隠密プレイ
        つるたか
      • 隠密プレイ
        呉エイジ
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        つるたか
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        呉エイジ
      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
        つるたか

      recent trackback

      recommend

      世界の名自転車100
      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
      ザヒド・サルダール
      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

      recommend

      大脱出 [DVD]
      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

      recommend

      The Next Day
      The Next Day (JUGEMレビュー »)
      David Bowie
      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

      recommend

      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
      みうらじゅん,宮藤 官九郎
      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:715 最後に更新した日:2017/05/30

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM