オレの30th Aniversary

0


    2011年度は中学生生活30周年の節目という記念すべき年度であった。
    昨年には6月に佐野元春の30周年記念ライヴツアーのファイナルと、
    8月にはアニメ化40周年記念のルパン三世展を銀座に観に行くという
    ちょっとしたアニヴァーサリーブームのオレであったが、
    3月24日(土)、そのオレのアニヴァーサリーイヤーの締めにふさわしい
    イベントに東京ビッグサイトまで出向いた。

     東京国際アニメフェア2012

    オレなどにはおよびもつかないBTDTのツワモノ達の...
    というかKODT(キープオン童貞)の猛者たちの野卑な熱気でムンムンしていそうな
    そんなDTコロシアムに出向いてどうしようというのか。
    この日のイベントで行われる
    ルパン三世40周年記念ステージを見る為だ。
    あの♪あっし〜もとに〜〜からみ〜〜つく〜〜
    のチャーリー・コーセイ氏の生歌が聴けるまたとないチャンスを
    このオレが見逃すわけにはいかない。




    ちなみにこれはフェアの公式マスコットのアット君だ。
    デザインはあのやなせたかし先生だ。

    会場に向かうバスの中で
    後から乗ってきた小さなお子様連れの
    若いお母さま2人の会話が聞こえてきた。
    「いくつですか?」
    「3歳になります。」
    「そうなんですか、うちのは2歳と3か月なんですよ。」
    どうやらお二方偶然乗り合わせた赤の他人らしい。
    「今日はどちらへ。」
    「東京ビッグサイトに。テレビで見たんですけど、なんかアニメフェアっていうのやってるらしくて。子供遊ばせるのにいいかなと思って。」
    「へえ、そうなんですか、小さい子供向けの?」
    「いえ、多分もっと上の方の若い子向けだと思うんですけど。」

    「ああ、おたくみたいな気持ち悪い人が集まりそうな(笑)」
    ち、違います、オ、オレはただチャーリーコーセイの歌を...

    「そうですねどっちかって言えば(笑)」
    いや、だからオレはそっちじゃなくてハードボイルドだど...
    完全なる被害妄想でびっしり汗をかいた手をジーパンで拭いバスを降りたオレである。

    今回オレ勘違いしてたんだけど、
    もっとこう入口の前にコスプレした人とか
    所謂本気の人たちがスターシップトゥルーパーズみたいに密集しているのかと思ったら
    そうじゃなかった。あれはコミケだけなんだろうか。
    ちょっと肩すかし気味で入場するといきなり日本テレビのブース。
    ルパン一味がお出迎えで一気にボルテージ再浮上。



    とりあえず40周年のロゴが大好きなのでまあ
    こう納まるでしょそりゃ。

    3月28日にリリースされる
    40周年の歴史総ざらい映像「ルパン三世 Master File」
    これと4月4日から始まる27年ぶりのレギュラーシリーズ
    「LUPIN THE THIRD-峰不二子という女-」を2本柱に据えた
    トムズ・エンターテイメントのブースへ。

    TS3Y07310002.jpg
    Master Fileに収録される短編「ルパン一家勢揃い」の
    原画デッサンなども展示されてた。

    TS3Y07340001.jpg

    これはレギュラー放送始める前の所謂パイロットフィルムの
    絵コンテ!これが今回一番お宝感あったかな。
    TS3Y07360001.jpg

    あと惜しまれて卒業されたお三方を含む
    レギュラー陣のサイン色紙も。
    永きに渡りオレを悩ませ続けた増山江威子サマ...
    お疲れ様でした。あなたに一度でいいから「ボク」と
    呼ばれたかった男も中学生生活31年目を迎えます。
    そんなオレの童貞心を弄ぶかのようにこのブースは
    こんな不二子まみれ物量作戦を仕掛けてきた。
    TS3Y07390001.jpg
    TS3Y07460001.jpg

    1stシリーズから昨年のテレビスペシャルまでの
    不二子変遷アラカルトである。
    もう端から端までうわーーって駆け抜けたい気分だった、
    フジコックスとしては。

    そして新番組のパネルの前で最新型不二子と
    ツーショットに納まろうと図るも...


    無粋な銭形に割って入られスゴまれる結果に。
    そ〜りゃないぜとっつぁ〜〜ん...。

    とりあえずルパンと不二子とも納まらないといけないから


    五ェ門だけが切れてしまったのが残念だ...。

    TS3Y07440001.jpg

    オレが邪魔だという意見が圧倒的だろうから全体像を。

    そしてこの超特大パネルよりもさらにデカい
    全裸見返り不二子パネルと納まろうとして自分撮りしようと思ったら
    バックパッカー風のいでたちの外人さんが
    撮ってあげようか?みたいなジェスチャーを。
    外人=怖いという開国前夜みたいな魂を持つオレなので
    おずおずと持っていた携帯電話を渡し、
    手で指示されるがままにパネルの前に立つ。
    うん、そこそこ!みたいな感じの立ち位置でパシャリと
    やっていただいたのがこれ


    エ、エクセレーーント!!!
    不二子のオマタに挟まれるなんて
    フジコックスの願望を具現化していただき
    オレは開国前夜魂をいとも容易く開放し
    自ら外人さんに熱いシェイクハンドを繰り出した。
    その後替わりに彼が持つデジタル一眼を渡してもらい
    同様の構図でフジコックスの夢の世界へ誘って差し上げた。
    不二子を介した美しき国際交流。
    エロは国境を越える。
    PEACE TIME/NO WAR!である。

    自分の正しさを噛みしめつつ
    この日のオレ的メインイベントである
    ルパン三世40周年記念ステージが開催されるTAFステージへ。

    TS3Y07410001.jpg

    ルパンステージの前に秋葉系のイベントが開催されており
    ここで初めて本気の男たちを垣間見ることができた。
    この席の最後尾で激しく踊り叫ぶ3名の猛者たちを撮ろうと思ったら
    撮影禁止だと止められてしまった。惜しい。
    で、このイベントの司会がイジリー岡田氏(!)で
    去り際にあの舌芸を生で観られたのも戦果だった。
    匠の技、素晴らしかった。


    そしてその後
    ステージ中央に据えられたモニターはこのように変わり
    TS3Y07420001.jpg
    BGMで1stから立て続けにテーマ曲が流れ
    チャリコーさん出てくる前から既に涙腺は決壊寸前だ。

    PART靴痢屮札シーアドベンチャー」の途中で曲が途絶え
    司会の女性が登場、コメントもそこそこにあの伝説のシンガーを促す。
    そしてそこに現れたのはなんと勝新太郎ではないか!
    オレはてっきり♪サニ〜...とか歌いだすものとばかり思ったのだが
    ちょっと待て.....

    死んでんじゃん!

    ってことはあれが...

    あの...

    チャーリー・コーセイさん?!

    ...って最初っからわかってんだけどさ、そりゃ。
    しかしよく似ていらっしゃるのである。

    そしてまずあのオープニングテーマを歌うチャリコーさんの雄姿がこれだ!!

    (注※これはオレが隠し撮ったものではありません。)

    エレアコ1本で弾き語るカツシ...いやチャリコー先生。
    なによりも嬉しかったのは、
    LUPIN THE THIRDの「THIRD」の部分を
    ♪さーど
    ではなく、
    ちゃんと
    ♪すぅわぇ〜〜でぇぅっ
    とネイティヴスピーキン気味に発音してくれたこと。
    写真みてもわかるようにバックのモニターには
    1stのオープニング映像が流れるのである。
    ちゃんとダバダバダバダバダ...のところであのサーチライトに照らされながら走る
    マイフェイヴァリット・ルパンが被るのである。
    オレが泣かない理由がどこにあるというのだ。
    えっ!どこにあるってんだよ!!!
    失礼、取り乱しました。

    そしてOP曲を歌い終え、司会者としばしルパントーク。
    関西人だったようで、いろんな当時のエピソードをセルフつっこみを交えて語るカツシ...いやチャリコー先生。
    例えばカラオケで持ち歌のルパンテーマを歌っても、採点機は譜割りに忠実だから
    崩して歌う癖がある自分は77点以上出したことがないと。
    「次はもっと頑張りましょう」とか機械に言われて
    「俺の歌やっちゅーねん!」とセルフつっこみで落とすあたりが関西フレイヴァー。

    そして関西トーク(そんなトークじゃねえよ)のあと
    遂に「ラヴ・スコール」と並ぶ(以上だよ)
    フジコックスアンセムと言ってもいいあの大名曲を。

    1番の途中まではOPの時と同じくあの夕陽の中を
    不二子バイクが疾走する名エンディング映像が流れる。
    一緒に口ずさみながら泣くオレ。
    すでに40年経っているというのに声の衰えなど一向に感じさせないカツシ...いやチャリコー先生(しつこい)本当にありがとうございました。

    さて、メインイベントを終えもう思い残すことはない。
    いや、無くはない。
    せっかくだからこの異文化世界を堪能しようではないか。
    しゃぶりつくそうではないか。
    そんな思いでまず屋台村スペースに行き
    焼きそばで腹ごしらえ。
    その後色んなアニメのブースを見て回った。
    盲導犬普及のチャリティーに募金もした。
    オレは何処へ行っても「いい人に見せる」行為にぬかりはない。

    プリキュアのブースでは親子連れをターゲットにしたショーが催されており
    ゆるキャラに見えなくもないプリキュアたちの握手会をやっていた。
    30代とおぼしきお父さんがやたらハッスルしているな、
    と思ったらひとりで来ている本気の人だった...。

    TS3Y07570001.jpg
    こういう本気人(ほんきびと)に出くわすと
    つい嬉しくなってカメラを向けてしまう。



    ヴォーカロイドのブースもあり
    オレも知ってる初音ミクのマネキンもあった。
    TS3Y07540001.jpg

    で、そこにいたコンパニオン(とは言わないか)
    の子が今回一番かわいかった(つるたか女人調査団調べ)TS3Y07610001.jpg
    もうこのころになると
    オレもすっかり【本気化】していたので
    なんのためらいもなく携帯のカメラを向けていた。
    「通路なのでもうちょっと端に寄って撮ってください。」
    と促すスタッフが楳図かずおチックだったことも印象に残っている。

    TS3Y07600001.jpg
    二の腕の素晴らしさに見とれているうちにポーズをとってくださった
    この方はクリーミイマミのブースの人。

    クリーミイマミ自体を知らないからよくわからないが、
    出演声優の握手&サイン会が催されており、
    その中になんとあの
    オレでも知ってる水島裕が!!
    オレの中ではサモハンでルーク・スカイウォーカーなあの人に
    テンションが上がって、つい
    「連想ゲーム見てました!!」と声をかけそうに。


    まあ、そんなこんなで
    中学30年生最後の大イベントを濃密にすごし、
    横須賀線直通で帰路につくオレであった。

    TS3Y07640001.jpg

    そして未来永劫中学生として立ち向かうことを
    この見知らぬ人に総武本線快速で誓うオレであった。



    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.30 Tuesday
      • -
      • 21:31
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      なんでも訊いてみたまえ

      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • Blowin' in the wind...
        たかし
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        つるたか
      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
        レイン
      • 全身青春男
        つるたか
      • 全身青春男
        呉エイジ
      • 隠密プレイ
        つるたか
      • 隠密プレイ
        呉エイジ
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        つるたか
      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
        呉エイジ
      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
        つるたか

      recent trackback

      recommend

      世界の名自転車100
      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
      ザヒド・サルダール
      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

      recommend

      大脱出 [DVD]
      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

      recommend

      The Next Day
      The Next Day (JUGEMレビュー »)
      David Bowie
      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

      recommend

      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
      みうらじゅん,宮藤 官九郎
      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:715 最後に更新した日:2017/05/30

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM