After beat cop

0
    裏打刑事
    裏打刑事
    オムニバス, ARGYLE, SKA GLUTTON, ARTS, ALMIGHTY BOMB JACK, 服部正太郎と彼のオーケストラ feat.マキ凛花, DJ SASA with GaBa WoRKs

    なかなかの好企画です。
    何かというと、国内・海外を問わず名作刑事ドラマのテーマ曲や
    挿入曲をスカ調にアレンジしたモノを集めたコンピレーション盤。

    やっぱりね、アタマは『太陽にほえろ!』のテーマですよ。
    これはね、オレほんとね、名曲中の名曲だと思うな。
    日本人が海外にも自慢できるソウルミュージックだと思うよ。
    こんなのがさ、ゴールデンタイムに普通にお茶の間に流れてたんだから、
    凄いよね70年代って。で普通に口ずさんでたんだから、ちょっとした贅沢だよね、70年代のガキって。羨ましいだろ、若者たち!

    あとは『キイハンター』『Gメン’75』から『特捜最前線』から『刑事コロンボ』のテーマまでスカってました。
    そういえば『刑事コロンボ』のテーマ、あのヘンリー・マンシーニのヤツ、あれね、実は『コロンボ』のテーマじゃないんですよ。知ってた?
    元々あのドラマは、こっちでいう『火サス』とか『土ワイ』みたいな2時間サスペンスの枠で放送されてた名物シリーズなんですよ、アメリカでは。
    で、あの曲はその枠のテーマミュージックなんですよ。
    『火サス』の
    ♪ジャーンジャーンジャーーーーン
     ジャーンジャーンジャーーーーン

    ですよ、要は。
    で日本のNHKが放送権買って放送する時に、あのテーマ曲をそのまま
    『コロンボ』のテーマ曲として最初と最後に使ったんですよ。

    そして、『特捜最前線』のエンディング曲『私だけの十字架』。
    アレ歌ってるのはチリアーノさんです。クロード・チアリじゃありません。

    帯のコピーもイカシてました。
    「おい新入り!おまえは今日からスカ刑事だ!」
    「えっ?!スカっすか?」


    最近のヤツだと『あぶない刑事』『古畑任三郎』『踊る大捜査線』なんかも入ってます。なぜか『探偵物語』も入ってます、デカだって言ってるのに...。(服部さんフィーチャーしたのかな...。)

    今日のコラボ

    0


      わんにゃん♪feat.極真

      熊殺しの大山倍達もびっくり。

      カテナチオに賛美の極致を!

      0


        ブッラーーボーッ!
        ブラーボ!イッターリアッ!!


        オレの願いが通じたのか、イタリアが24年ぶりに優勝。
        94年アメリカの悲劇を完全に払拭するカタチでのPK戦での決着に
        目頭が熱くなる思いでした。きっとバッジオも同じ気持ちでしょう。

        今回ね、アズーリは本国に帰ると厳しい現実が待ち構えているわけですよ。
        なんたって、オレにとっても憧れの名門クラブチームであるユヴェントスが3部リーグに格下げかもしれないんですから。それだけじゃなく一連の八百長疑惑に加担したということでACミラン、ラツィオ、フィオレンティーナまでも2部リーグ格下げですもん。こりゃ未曾有の大パニックですよ、欧州サッカー界。なんかね、またバッジオの胸中を察してしまいますよ。ユーヴェ、ラツィオ、フィオレンティーナは彼が渡り歩いたクラブなわけですからねえ。

        そして今回のこの2006W杯、最優秀選手に選ばれたのはジデジーヌ・ジダン(加藤剛似)ですってね。あの最後のマテラッツィに放ったヘディングシュートが決め手になったんでしょうか。


        これは印象的なシーンですね。

        でもね、オレはこれでジダンっていう人が俄然大好きになりました。
        狙ったんですよあの人。絶対俺の事忘れられないようにしてやる!って。
        最後にあんな去り方されたら忘れられませんよそりゃ。アッパレ!

        カテナチオに熱い血を!

        0

          いやあ、参った。フランスxイタリア。一体このカードでの決勝を誰が予測したろう。
          いやあ、参った。どっちを応援すべきか。
          オレにとっての欧州サッカーっつったらもう、ユヴェントスなんですよ。
          85年のトヨタカップなんですよ。
          そう、あの将軍ミッシェル・プラティニのユヴェントスですよ。

          あの「スーパーゴール!ビューティフルゴール!!」の実況が印象的なプラティニの幻のボレーシュート。美しかったなあ。
          決まった!と思ったらオフサイドフラッグが...。えええ?入れたプラティニも観てるこっちも信じられなかった。
          で、直後にプラティニがとった行動がこれですよ。


          おっしゃれえーーっ!!!
          芝に寝そべってさ、片肘ついちゃってさ、もう片方の手でトントントントン芝つついちゃって抗議のアピールしてんの。
          もう、これぞスター。ほんとのスタープレイヤーの所作を見たっていう印象だった。オレの中の永遠のサッカーアイドルです。

          だからプラティニの母国フランスを応援すると思うでしょ。
          ノンノンノン。
          ユヴェントスはプラティニの次はジダン、ヴィエイラ、トレセゲくらいでしょ、フランス人。でもね、スターっていうことでいうと
          やっぱりロベルト・バッジオなんですよ。アレッサンドロ・デルピエーロなんですよ。あの白黒縞がとことん似合ってるのはこの2人だと思うな。
          とにかくこの2人が好きでね。94年アメリカの決勝の時は朝の7時から泣いてましたよ、あのPK合戦観て。バッジオ可哀想だったなあ。

          今回ね、なんだかんだ言ってジダンのワールドカップみたいな空気になってるでしょ。でもね、いいんですよもうあの人は。8年前にこれ以上ない栄光1度掴んでるんだから。引退前に誰しもの記憶に残る活躍をここまで見せたんだからもういいだろ、って個人的には思うんですよ。
          そんなこといったらイタリアなんか24年間優勝してないんですよ。24年っつったらあなた、2003年の阪神どころの騒ぎじゃないんですよ。もうそろそろいいでしょう。
          イタリアは伊達男ばかりだから嫌いとか言ってる皮かむりの馬鹿もいるんでしょうが、キャプテン・カンナバーロやガットゥーゾのようなガムシャリストがカチッと締める今年のアズーリを同じくらい顔の濃いオレとしては応援します。
          フォルツァイターリア!!
          ジローラモパンツェッタ!!!
          ヴォーノヴォーノ!!!
          ♪ふにっくりっふにっくら〜〜〜っ


          そんなジローを追いかけて・夏(意味ナシ)

          0
            KenさんのBLOG STATIONのTB企画に乗ってみました。

            まあですねえ、「愛の弾劾部屋」で気に入らない自分の記事を斬り始めたとは言っても、基本的に「自惚れ大王」なオレとしてはいろんな記事観て欲しいんですが。

            四の五の言ってもしょうがないんでサクッと挙げます。
            ジローラモという生き方2

            我ながらよくできたお噺(噺ってこともないか)になってると思っております。そしてオレのジローさんに注ぐ愛情にも注目していただきたい。
            『ちょいワル』を彼が演じさせられてる限りこのシリーズは続けていこうと思っております。




            ちんキャスとは

            0



              このようなちんかすみたいなポッドキャスティングの意味です。
              若しくはちんけなキャスト(オレ)なり。

              どうなのコレ?

              0

                ♪サーングラスー(ふっふー)はーずしたらー(ふっふー)
                ふーきだしちゃうほどーー(ふぅわふぅわふぅわふぅわ)
                あーどけないー(ふっふー)目ーをしてるー(ふっふー)
                あーいつに弱いのーー(ふぅわふぅわふぅわふぅわ)


                しかしあのコール誰が考えたんだろ?
                アン・ルイスが意図するのとは全然違う方向で
                盛り上がっちゃってたでしょ。
                オレは好きだなあ、バカで。

                何様のつもり?!

                0
                  前にも言った通り
                  オレは常に「今のオレ」を肯定して生きているので、
                  過去に遺した言葉や行動の類いを全肯定するつもりなどない。

                  これから、この「シリメツ一代男」で遺した記事の数々のうち
                  今のオレが気に入らないモノを己で斬り捨てようと思う。
                  ただ、その過去を切り捨てた今のオレ自身も直ぐに過去のオレになるから
                  もしかしたら、その斬ってるオレを更に未来のオレが斬る可能性だってある。そうやって人間はどんどん出来上がっていくのかもしれんね。


                  そして今回セルフ弾劾するのがこれ
                  「名前と人」(2005.9.24)

                  真面目で熱いオレを演出しようとして、知識の少なさを露呈させた皮かむりこの上ない内容。

                  オレが気に入らないのがここ
                  ブログを持ってないのならいたし方ないが、リンクが貼られていない
                  のが気になった。
                  そして記事の内容を読んでみた。
                  ...まったく関係ないではないか。
                  失礼なコメントをつけてブログ主を不快にしたかったんだろうが、
                  ブログっていうものは1X1ではない。

                  僕は度々ではないが興味を持った記事に「たかし」という名でコメントをつけている。怪しい人間ではないと分かってもらう為に(ある意味怪しいけど)この自分のブログにリンクを貼っている。それはネットマナー云々というより、人付き合いの基本だと思うからだ。


                  コメントにリンク貼りゃいいのかい?!
                  それがマナー守ったことになんのかい?!
                  じゃあさ、誰かが誹謗中傷の極みのようなコメントをさ、「たかし」の名前で書いたとするよ。いいかい?このままなら何処の馬の骨ともしれないただの「たかし」だよ。でもそいつがリンク欄にこの「シリメツ一代男」のURL貼り付けちゃったらどうすんの?もう書かれたブログの管理者はおまえのことだと思っちゃうよ?どうなの?この眉毛ザルこのやろー!!
                  なんにもわかっちゃいないんだから、わかるまで首突っ込むんじゃないよ、マナーの論法に。
                  でさあ、おまえ「生協の白石さん」がなんなのか知らなかったでしょ、こんとき。
                  知ってたら、あの「たかし」さんのコメントにあんな目くじら立てることないもん。まあな、知ってたとしてもな、あんな寒いギャグかますヤツだと思われたくなかったんだろうけどもな。そんなおまえがやっぱりいじらしくて可愛いよ。

                  すいません、結局慰めちゃいました、最後。
                  自慰行為だねまさに...。

                  「スメルスターな映画」が観たくって

                  0
                    今、ウチのリーダーが某所でお中元ギフトカウンターのバイトやってるんですよ。
                    で、今日はオレ休みでリーダーはバイト。もう1年以上ぶりにオレ1人なんですよ、ウチで。

                    JUGEMで丸1年/セルフ断罪宣言

                    0
                      goo blogからこちらに移って
                      なんやかんやで1年経ちました。

                      jugemでの1発目

                      うわっ!ダサッ!!
                      ブックマーカーのみなさーん!ここに「これはひどい」ありますよーーっ!!
                      なんか他に言うことないのかねしかし。

                      これからも折を見てセルフ「これはひどい」を吊し上げようかと思ってます。
                      オレはあくまで「今のオレ」が好きだから。


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      なんでも訊いてみたまえ

                      「もっと映画を観なさい」(淀川長治・談)

                      チミはなぜモトハルを聴かーん!?

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • Blowin' in the wind...
                        たかし
                      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
                        つるたか
                      • 冷静に取り乱す、ひとり相撲の大横綱
                        レイン
                      • 全身青春男
                        つるたか
                      • 全身青春男
                        呉エイジ
                      • 隠密プレイ
                        つるたか
                      • 隠密プレイ
                        呉エイジ
                      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
                        つるたか
                      • 男のフィギュア棚 童貞ドリームの体現者として生きる
                        呉エイジ
                      • 永遠に18歳〜6/19(日)佐野元春30周年アニバーサリーツアーFINAL〜
                        つるたか

                      recent trackback

                      recommend

                      世界の名自転車100
                      世界の名自転車100 (JUGEMレビュー »)
                      ザヒド・サルダール
                      見てるだけで楽しいバカ自転車図鑑でもある。

                      recommend

                      大脱出 [DVD]
                      大脱出 [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ゴジラ対ガメラみたいな夢の競演作。高1のオレに教えてあげたい。

                      recommend

                      The Next Day
                      The Next Day (JUGEMレビュー »)
                      David Bowie
                      10年越しに届けられた奇跡の名作。捨て曲一切なし。

                      recommend

                      どうして人はキスをしたくなるんだろう?
                      どうして人はキスをしたくなるんだろう? (JUGEMレビュー »)
                      みうらじゅん,宮藤 官九郎
                      世間的には「ゆるキャラ」対「あまちゃん」。オレ的にはサブカルマスターと同世代パダワンの興味深いバカトーク。

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:829 最後に更新した日:2017/09/21

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM